失敗をしないキャッシング比較の方法

キャッシング比較サイトは増加傾向にありますが、1つの参考として利用するのが賢い方法です。キャッシングを利用する人には、3万円くらいの少額融資を希望している人から、100万円以上の大口融資を希望している人まで、さまざまです。どのような利用の仕方をするのかによって、比較の方法は異なってきます。
一般的には、低金利の銀行キャッシングを利用することがメリットがあると言われています。しかし、信販会社のカードローンの中には、銀行よりも低金利で借りられるところがあります。一概に、銀行が一番メリットがあるとは言えません。また、銀行カードローンの審査に通るような属性の良い人でも、手軽にスピーディーに借りるために、大手の消費者金融で借りることを選ぶ人も増えてきています。

基本的には、金利の低いところで借りる

どのようなケースでもあてはまるのは、金利が低いほうが良いということです。消費者金融のキャッシングなら、法律によって実質金利で表記されることが義務付けられています。すなわち、事務手数料などは他にかからないということです。
銀行キャッシングの場合には、そのような法律はないですが、基本的には実質金利で表記がされています。金利の他に手数料などはかからないため、キャッシング比較では単純に金利が低いほうが有利になっています。
中には、「180日間5万円まで無利息」というようなユニークなサービスをやっている銀行もあるので、金利が高くても有利になることはあります。180日間ずっと5万円までしか借りないように利用をすれば、その期間は金利ゼロで借りられるので、低金利のキャッシングよりもメリットがあります。

手数料が重要になることもある?

キャッシング比較をする時には、ATMの利用手数料などは比較対象として考えない人が多いです。インターネットバンキングや口座からの自動引き落としという方法で返済をすれば、手数料はかかりません。借入をする時も、振込みで融資を受ければ、基本的に手数料はかかりません。
このように、人によってはATMを利用しない人もいるので、手数料はあまり考慮に入れられないことも多いですが、ATMを頻繁に利用する人にとっては、大きな問題です。2万円を1ヵ月借りただけなら、金利18%でも利息は200円くらいにしかなりません。ATM手数料として借入と返済で216円がかかったら、合計432円となり、手数料のほうが高額になってしまいます。
ATMを頻繁に利用するなら、手数料無料のキャッシングを選ぶということも重要なポイントとなります。